Uncategorized

【40代がターニングポイント】離婚を避ける鍵は何?!

更新日:

ラブラブ夫婦や結婚したばかりで離婚なんてまったく頭にない方もおられるかと思いますが、日本人カップルの3組に1組は離婚しているのをご存知ですか?!特に40代女性の多くは夫との関係に危機感を覚え弁護士に相談されるケースがあるそうです。縁があって一緒になった相手と長く人生を共にするするために、今回は悲しい結末にならない方法を考えます。

なぜ40代?!

40代とえいば結婚生活は約10年くらい?!気を使う間柄でなくなり生活も安定してきたように思えますが、ある弁護士の話では40代は離婚問題に直面する夫婦が多い、特に女性からの相談が多いそうです。何故でしょう?!40代で離婚を考える方の特徴を挙げます。

パートナーの浮気

ケースをいくつか挙げます。

【同窓会で再会(夫・妻)】

高校や大学を卒業して約20年、学生時代の元カレ(元カノ)や片想いだった人と再会するきっかけである同窓会が開催される年代です。私たちは当時どんなにつらい思いをしても若い頃の淡い恋愛は美化しがち(良い経験と思う)ですよね。青春時代に好きだった人と再会したらどうなるか?!堅実に家庭を守ってきた人でもコロリといってしまいます。

不倫は男女ともに可能性があります。実際に私の友だちも高校の同窓会で元カレと再会し気持ちが再燃、不倫に発展しています。昔話やお互いのパートナーの愚痴を話すうちに夫よりも彼と一緒に過ごしたほうが幸せかもしれないと思うようになり一時期は離婚を考えたそうです。しかし彼女の場合、未就学児がいたため物理的に会える時間が作れず関係は自然消滅しています。

【職場で浮気(夫)】

40代になると男性の収入は安定しはじめます。部下も増えそのなかには女性も多数いることでしょう。仕事を通してお互いを知るうちに気持ちを寄せ合うようになることはよくあります。

特に妻と上手くいっていなかったり性生活がなかったりする男性は相手の女性が好意を示してくれたら肉体関係を持ってしまいます。家に戻れば疲れているのに妻の相談に乗ったり育児を手伝ったり、ストレスが溜まりますよね。

【社会復帰で不倫(妻)】

40代になると子どもがある程度成長し手がかからなくなるので社会復帰する女性が増えます。社会から離れていた女性が仕事に慣れるのは一苦労ですが帰宅したら家事と育児を当たり前にこなさなくてはならないし思っていたよりも仕事と家事の両立がつらいと感じます。そんなとき優しくしてくれる男性があらわれたらコロリといきますよね。

性生活がない

私の周りの40代を見ると性欲は衰えていませんが夫婦間の性生活は減少傾向だと言っています。なぜ夫婦間で性生活が減少するのかというと、慣れた相手では刺激が足りないし、共に生活するうちに異性ではなく生活を向上させるための同志に変わるので自然と性生活が減少するのです。特に女性は年齢を重ねても女として見てもらいたい生き物ですが、夫がそう見てくれなくなるのが我慢できないのです。

男友だちに聞いたら「妻から誘ってくれたらもちろんするよ」と言います。しかし女性側の意見として若かったころは誘えたのに時間が空いてしまうと気恥ずかしくて言いづらい、それが長期化すると「したい」という気持ちはあっても言えなくなってしまうのです。

性格の不一致が我慢できない

性格が合わないことを何となくわかっていたけれど、子どもが産まれ協力し生活しなくてはならない状態になってふたりの関係をうやむやにしてきたカップルは多いと思います。40代まで結婚生活を保てたのはどちらかが仕方がないことと割り切って我慢してきたからでしょう。

モラルハラスメント

離婚を考える夫婦は当たり前ですが不平不満が多いです。出来ていないことを指摘されたり嫌味を言われたり、男女どちらも経験があると思います。特に男性は妻が子どもを巻き込み一方的に責め立てるのを我慢できないと感じています。子どもたちは一緒に居る時間が長い母親の愚痴(いかに不出来な父親か)を常に聞いているのでなにかあったときは母親の味方です。妻の方もそれなりに工夫しているのに「やりくりが下手」や「子どもの成績が伸びないのはお前のせい」などと言われると家事や育児のやる気を失いますよ。

夫が家庭に興味を示さない

母親は自分のこと以外に子どもの人間関係にも関わらなくてはなりません。もちろん子ども同士やママ友とのトラブルはつきもの、夫に相談したいのに聞いてくれなかったり「家のことは任せています」を貫かれたりしたら、夫としての存在感はないし愛情は一気に冷めます。

昭和の時代は専業主婦が多かったし夫は稼いできて妻子に「凄いね」「遅くまでありがとう」と尊敬されていましたが女性も社会進出をしている今では外で仕事をするだけでは尊敬されないのです。

お互いの家族の問題

嫁姑問題は昔からありますが、核家族化している今だって同じように問題を抱えている家庭は多いです。息子の親不孝(孫に会わせないなど)を嫁のせいにする姑は多いですよ。男性側は結婚当初から妻と妻の実家の関係に不満を抱いていることがありますよね。自分の実家にべったりを好む男性はそうはいませんが、妻の実家との付き合いばかりでは不満です。

さらに40代で直面するのはどちかの親の介助や介護です。親は60代から70代、病気になったり足腰が弱ったりすると息子(娘)に助けを求め同居も視野に入れなくてはならない状況になることもあります。病院への送迎などの介助や家での介護はかなりの負担、夫も協力するでしょうが中心となるのは妻(嫁)、一生懸命お世話をしているのに当たり前の行為とされお礼ひとつ言われない、報われないと離婚が頭をよぎります。

しかし何より揉めるのはお金のこと、生活の面倒を見なくてはならなかったり、早い方では相続の問題に直面する場合もあります。お金をもらえるのはいいけれど親戚と揉めたり亡くなった親(パートナーの親)に借金があったりしたら気持ちが萎えます。

40代で離婚して直面すること

パートナーが同意し書類を提出すれば離婚は成立しますが、離婚によるダメージは思っている以上に大きいと言われています。

  • お金のこと
  • 社会復帰(女性)
  • 親権
  • 子どもへの負担
  • 社会の偏見

パートナーに原因があって離婚した場合は慰謝料を請求できますが、相手に支払い能力がない場合は口座に入金されません。女性の場合、夫との離婚を期に社会復帰することになり生活は大きく変わります。

子どもがいる場合、離婚の原因が妻にあっても親権は母親が有利です。男性は離婚すると可愛い我が子に会えなくなる覚悟を持たなくてはなりません。もちろん子どもへの心身の負担は計り知れない、両親が揉めているのを見て子どもはどんな思いになるのか考えなくてはなりません。

現在でも離婚は良くないと考える企業や人は多いです。離婚がきっかけで転勤を余儀なくされる男性もいるし、父子家庭は子どもに気が行き届いていないとか母子家庭は問題を抱えているだろうと偏見の眼差しで見られることもあるでしょう。

離婚はデメリットのほうが大きい

「離婚したらキラキラした生活が待っている」と淡い夢を見ることもあるでしょうが、離婚には前述したようなデメリットの方が大きいです。縁があって一緒になったのですから「もう嫌だ」と感情的になる前にふたりの関係を修復できないか考えることが大事です

離婚回避の鍵は【夫】

もともとは他人同士がひとつ屋根の下で暮らすのですから不満はどうしても出てきます。しかし縁があって結ばれたのですからこれからもともに暮らすパートナーとして、もういちど相手を尊重できる関係になりましょう。その鍵を握るのは男性ですよ。ここからは離婚を回避する方法についてご提案します。

定期的に妻を抱く

数年ご無沙汰で「今さら恥ずかしい」という男性も勇気を出して誘ってみましょう。はじめは「冗談でしょ」と流されますが、優しく触れたりキスをしたりするうちに妻もその気になります。定期的に抱かれると女性として愛されている自信がつくので、家事・育児・仕事など何事にも前向きになれます。「出産したら女性の性欲は衰える」と言う男性がいますが反対、女性は40代に入っても性欲は衰えていませんよ。それなのに抱かれない、かと言って自分から誘えないから不満が溜まり嫌みひとつ言いたくなるのです。

私だけでなく世の中のママ会を開く女性たちの話題は同じ「性生活について・している?していない?」、性生活が充実している夫婦は仲良しで妻は何かと夫をたてています。悔しいからあえて言わないけれど、抱かれるママを羨ましく思っています。

気持ちは言葉で表現する

「言わなくてもわかるだろう」はNGです。一緒に過ごす時間が長い間柄こそ言葉を大切にするべき、当たり前の「ありがとう」「ごめんね」を言える人になりましょう。

妻に与える効果

上記行為が妻に与える効果を挙げます。

  • 夫の居場所を作るようになる(尊重・尊敬の気持ち)
  • 魅力的な女性になろうと努力を始める(愛情)

性生活が充実していると女性は自然と夫を大事にするようになるし料理の品数や工夫が増えたり会話も増えたりします。男性よりも女性の方が語彙力に長けているので言葉によるねぎらいはもちろん、子どもたちに父親の威厳を示すようにもなります。家庭での居場所ができると帰宅するのも楽しみになりますよね。また、定期的に抱かれるようになると緩みがちなボディを締めたり脱毛したりファッションに気を使ったりと女性として魅力的になる努力を始めるはずです。

夫が見ていないところで妻は家族のために一生懸命に働いているし、心配をかけないよう努力もしているはずです。その見えない苦労をねぎらうのにいちばんの行為はやはり「言葉」と「性生活の充実」です。「なんで俺から行動を起こさなくてはならないのか」そう思う方もおられるでしょうが、男性が上記の2つのことをするだけで関係が改善し離婚を回避できると思います。この記事を呼んでいる女性も勇気を出してパートナーを誘ってみてください。

-Uncategorized

Copyright© 婚活方法グリーンIT EXPO , 2018 All Rights Reserved.